野菜は甘やかすっと、育たんもんな~

農夫曰く「野菜は甘やかすっと、育たんもんな~」

前回に続き、最近、親交がある平本さんの言葉です。

平本さんは齢七十。

ちなみに、一つ年上の芸能人に高田純次さんがいます。(笑)

若干、性格的に似ているきらいはありますが…(笑)

 

平本さんは、農業高校卒業後、家業である農家を継ぎ

以来、農業一本やりで生きてこられました。

企業に勤めたこともなければ、

給料をもらったこともない。

就業時間や休日も決まっていなければ、

仕事のノルマも決まっていません。

有給休暇は?働き方改革ってなに?の世界です。

だからこそ自由も責任もすべて自分にある職業です。

そこには、自然相手の本腰を入れた生き様があることは必然です。

農の職人であり、一生現役を掲げる仕事人です。

 

そんな平本さんからのありがたい誘いをうけ、

しばしば、おいしく発酵した宮崎のお水 (焼酎)

をいっしょに呑みます。

肴は、平本氏がつくった野菜中心のヘルシーな手作り料理です。

素材の良さと奥様の素朴な味付けがきらりと光る料理です。

絶品です。

 

その酒席でいろんな話をうかがいます。

たとえば・・・・・

孫や子どもの家族への愛があふれるお話

添加物だらけの現代の食生活の話

若い時強くなりたくて空手を始め指導者になられたお話

水や土が作物に与える影響の話

昔の農業をされていた方々がすごかった話

消防団や農協とのかかわりや思い出話

米や野菜の加工や販売の夢がある話

農業での多くの失敗談

などなど話は尽きません。

追伸、お約束で15分に1回のペースで下ネタ話もはさみます(笑)

 

只々感心するのは苦労話があまり登場しないことであり、

悪いことがあった日も常にポジティブな思考をもっておられることです。

笑って話すことが多く、たまに感動して涙ぐむ話もあります。

私にとって明日への活力になる酒席です。

 

そんな平本さんが、先日、おいしく発酵した宮崎のお水を片手に

ふと話された言葉が心に残って離れません。

それが

「野菜は甘やかすっと、育たんもんな~」

です。

 

もちろん人間も同じだなと二人で確認した次第です。

 

子どもも、会社の部下も、そして自分自身も・・・・・

よって、転職するかいなか、どんな職業に転職するかも

楽なほうに進むのか?あえて試練の道を選ぶのか?

この判断で十年後の自分は大きく異なることは間違えないでしょう。

 

では、また。

 

今夜もおいしく発酵した宮崎のお水でも飲みながら談笑します。