2018.10.01リフブレ通信

柿食えば

天高く馬肥ゆる秋。美味しい秋がやってきました。秋はとくに果物が美味しい時候です。柿、みかん、栗、リンゴ、ブドウ、梨など、どれを取っても美味しいものばかりです。特に柿や栗は実家でも作っていますので身近に感じます。今回は柿について書いてみたいと思います。実家にある柿は甘柿3種類と渋柿です。「がんざん」はいわゆるゴマがいっぱい入っており黒糖のような甘みがあります。「富有柿」は大きくて饅頭のような形をしていてコクのある甘みがあります。小春柿は少しとがった形をしていてシャッキッとした品の良い甘みがあります。私個人としては小春柿が好みですがそれぞれ特徴があります。さて、柿は何処から来たのでしょうか?原産地は諸説あるようですが古代中国から伝わってきたというのが有力とされています。しかし、縄文、弥生時代の遺跡から柿の種が発掘されているということで日本では古くから親しまれていたようです。もしかしたら日本が原産地かも知れません。ただし、この頃は渋柿しかなく熟柿や干し柿として利用されていました。当時は主に祭祀用に使われていたようですが、それ以外にも冬場の糖分補給源という役割があったようです。今と違って甘いものがほとんど無い時代で昔の人にとって柿は貴重な食べ物だったと思います。鎌倉時代になって突然変異と見られる甘柿が発見されます。これは日本固有の柿で世界最古といわれているそうです。その後江戸時代に次々と品種改良が行われ世界へも広がっていきます。江戸時代末から明治にかけ、あちらこちらで柿が植えられ日本の秋の風物詩になりました。そして俳句の季語にもなります。俳句といえば、正岡子規の「柿食えば鐘が鳴るなり法隆寺」は有名です。正岡子規は柿が大好きだったようです。また、柿には栄養が豊富に含まれており、「柿が赤くなれば、医者が青くなる」と言われるほど栄養価が高く健康食品として非常に優れていると言われています。ビタミンCが多く含まれ抗酸化作用があり、病原菌を攻撃する働きが期待でき風邪予防に効果があります。また、体内でビタミンAとして働くβ‐カロテンを含み呼吸系粘膜の強化やウイルスの進入を防ぐなどの効果が期待でき疲れ目やドライアイにも良いとされています。それからミネラルの中ではカリウムを多く含み利尿作用に優れ摂りすぎたナトリウムの排出を促す働きが有り、高血圧の予防や緩和にも役立ちます。血圧の高い私には有り難い果物です。また、長時間の運動による筋肉の痙攣などを防ぐ働きもあります。食物繊維も青果系でもトップクラスでグレープフルーツの2倍以上で食欲の秋の食べすぎが気になる際のデザートにぴったりです。そして私にとって何より有り難いのは二日酔いに良いと言われているところです!シブオールというタンニン系ポリフェノールが含まれていてアルコールの吸収を阻害しビタミンCとの相乗効果でアルコールの分解・排出を促進する働きがあるということです。さらにアルコールロゲーゼという酵素も含まれ、これもアルコール分解を助ける働きがあるそうです。これにカリウムによる利尿作用も加わり、二日酔いの緩和に効果を発揮するようです。このように様々な効能があり日本人の健康を支えてきた柿。柿の力すごいですね!秋は何でも美味しく、お酒も美味しい季節です。柿食えば食べすぎ飲みすぎに良さそうです。「渋柿の渋がそのまま甘みかな」という名言がありますが渋柿をお日様に干して甘くします。お日様とのご縁で甘くなります。私達も良いご縁を持ちたいものです。