2017.03.01リフブレ通信

僕は猫

僕は猫。名前はチビ。久しぶりなので、自己紹介するニャン。僕は、年齢不詳、生まれたところも、両親も知らない身の上だニャン。毛色は黒だが顔はジェームスデイーンより優る絶世の美男子である。知能指数は500を超える。運動神経抜群。いわゆる天才猫である。その証拠を教えてあげよう。先月、猫のゴルフツアーである、オーガスタのミャンスタズーに参加して2位にぶっちぎりの差をつけて優勝したのだミャンミャン。猫のゴルフを少し紹介しよう。まず一打目は、ボールを口にくわえて時速50キロで走る。50キロの速度が少しでも落ちたらそこが飛距離となる。ゴルフは紳士、淑女のスポーツだからどの猫も正確にその地点で止まる。自分で走るのでスライスやフックは出ない。ただ勢いあまってこけてしまうとチョロが出る。たまには高くジャンプする下手な猫もいるので、テンプラもある。さて、二打目は前足で蹴る。三打目も同じ。グリーンに乗ったら後ろ足でパターに挑戦。これが難しいニャン。まあ僕は天才だからアーメンコーナーも難なくバーデイラッシュなのだ。僕の凄さが分かってくれたかな。つい先日、松山英樹君が教えを乞いにきたので指導しておいた。今年のマスターズでは、間違いなく彼が優勝するミャン。▼僕が凄いのは、基本が完璧だからである。スポーツも学問も人間力も素直と謙虚が基本だニャン。基本とか初めの一歩を言うのに、まずはイロハからというが、文字や文章の基本となるイロハ47文字でできた「いろは歌」は、たいしたもんだニャン。「いろはにほへと(色は匂えど)ちりぬるを(散りぬるを)わかよたれそ(我が世誰そ)つねならむ(常ならむ)ういのおくやま(有為の奥山)けふこえて(今日越えて)あさきゆめみし(浅き夢見じ)えひもせす(酔いもせず)」七五調の律動感と歌の意味が深いニャン。真言密教の開祖、空海さんの作という説もあるが、空海さんなら天才だから頷けるニャン。僕はこの歌意を、猫生は無常、だから因果の法を体得し、後生の一大事に気づいて今日只今を精一杯生き抜く事と理解している。そこが基本だニャン。「いろは歌」には、隠された暗号文もあるとか?興味のある御仁は調べてみてはどうかいな。ミャンミャン。▼「おい!チビお前何か悟ったな。顔つきが変わったぞ。やっと日頃の俺の教えを体得したようだな」『頭の知識ばかりで、何も分かっていないあんたみたいな人に言われたくないニャン。ご主人様』身心に良くないタバコや焼酎を毎日吸って呑んで、「えひもせす(酔いもせじ)」で誤魔化すなよ。この阿保!いかん。この男に付き合っているとダメになる。自分磨きの旅にでもいきたいなあ。『ご主人様よ。どこかに連れていけニャン』「俺は忙しいのだ。猫に旅させている暇はない」もう、あんたとは友達ではないワン。友達は慎重に選ぼう。また選ばれる猫を目指そう。▼旅といえば、3月は鳥取の用瀬町で流し雛が楽しめるニャン。久しぶりに千代川の清い流れを見たいな。きっと心癒され、命の選択ができるだろうニャン。またご主人様の故郷である山鹿市菊鹿町相良の観音様の例大祭も3月15日だったニャン。千手観音様にお参りして、僕の天才能力に磨きをかけてもらおう。旅は準備が基本。段取りを決めて、一匹で必ず実行するミャン▼基本とは、判断、行動、方法などのよりどころとなる大元。物事が成り立つのに不可欠のこと。と僕の知識が教えてくれる。ご主人様!還暦を過ぎても遅くないぞ。今一度基本を習得し生まれ変わった覚悟で生きてくれミャンミャン。皆さん、まだまだ寒いから風邪ひかないようにニャン。