社員が仕事と子育てを両立させることができ、社員全員が働きやすい環境を作ることによって、全ての社員がその能力を十分発揮できるようにするため、次のように行動計画を策定する。

1.計画期間

平成27年12月1日~平成30年11月30日までの3年間

2.内 容

目 標 1

産休・育休等の各制度の周知徹底を図り、育児休業から不安なく職場復帰出来る様な支援策の実施。

<対 策>

● 産前産後休業や育児休業、育児休業給付金、育休中の社会保険料免除等、利用できそうな制度を一覧にまとめたパンフレットなどの作成をし、情報提供を行う。
● 産休・育休取得者に向けに休業前後に研修等を実施し、スムーズに職場復帰出来る よう支援する。


目 標 2

仕事と家庭を両立できる柔軟な勤務形態の拡充を検討する。

<対 策>

● 既存の制度の見直しをし、拡充を検討する。
● 残業をしない日(ノー残業デイ)などを作り、無理なく実施出来る様な働き方の見直しを行う。


目 標 3

妊娠中や産休・育休復帰後及び子育て中の職員のための相談窓口を設置し、復帰後の各々にあった働き方のイメージをプランニングし復帰しやすい環境作りを行うと共に、メンターを設置し継続的な支援に取り組む。

<対 策>

● 育児休暇経験者が、仕事と育児との両立について気軽に相談できる環境を用意し、これから産休を控える女性労働者に対して職場復帰を支援する。
● 職場復帰後も相談に応じ継続的に支援していく。